やっと手に入れたダイソー焼肉プレート

春から夏にかけて何軒もダイソーをはしごして探してもなかったジンギスカン鍋風の焼肉プレートを初雪が降って、やっと発見!

ついに手に入れました。同じくらいの大きさのフッ素加工のアルミ鍋があるので、もう必要ないものの、コレクションとして欲しかったのです。

だから使わないかも(笑)

 

たれ

ルスツのじんたれ

ここ数ヶ月、あちこちのご当地味付けジンギスカンを食べてきたので、生ラムが恋しくなりまして……夏にルスツの道の駅でゲットしたたれを使ってホットプレートジンギスカンをしました。

製造元はみなさんご存知のソラチ。さすが、安定の旨さです。ソラチのジンたれとどう違うのかはわかりませんが、なんとなくこっちのほうが好みかも? と、酔った頭で思ったりして。(笑)

ところで、このパッケージ……羊じゃなくて牛なので、牛肉にも合うかもしれませんねー。

 

 

 

野外

洞爺水辺の里財田キャンプ場でジンギスカン

コロナ禍における一番安全なジンギスカンは、家族と野外で食べること。というわけで、キャンプ場でジンギスカンをすることにしました。

店で食べるのも、家の中で食べるのも美味しいですが、わたしは野外で食べるのが最高だと思っておりまして……。

南樽市場で買った生ラムをがっつりいただきました。

最高の時間。

美味しゅうございました。

野外

前田森林公園でジンギスカン

夏休みや休日は混雑する前田森林公園のバーベキューコーナーも九月に入った平日の午後ともなると、そこそこ空いているだろう!ということで、行ってきました。

催事で仕入れた平取の味付けジンギスカン持参です。野菜は面倒なのでもやしのみ。

ここは予約なしで、クラブハウスに行って火器使用申請をすれば無料で使えるので、有難いですね。

今月に入り、暑さもほどほど。いまこそ野外でジンギスカンを楽しみましょう。

※前田森林公園バーベキュー広場のサイトは下記です。

https://www.sapporo-park.or.jp/maedashinrin/?page_id=811

宅ジン 情報

新兵器導入 【小さなジンギスカン鍋】

 

コロナ禍においては、車中泊しながら、キャンプ場でジンギスカンを食べる。これが最高!なのですが、旧型ハスラーにボーダーコリーを乗せて旅をすると、荷物が詰めません。

大きなガスコンロやジンギスカン鍋をやめて小型化したい!と思って南米の密林をのぞいたら、アルミ鋳造でフッ素加工した小型の鍋を発見。ポチりました。

五円玉と比べてみると小ささがわかりますね。多分、ロール肉は一枚しか焼けません(笑)

そんな鍋でも楽しくなりそうな予感です。

蓄熱しそうな裏側。早く試し焼きしたいですねー。

 

ジンギスカン店

自販機で肉を買いキャンプ場でジンギスカン

銭函にある伊藤肉店の自販機でラムのロール肉を買い、伊藤肉店のオリジナルのタレを買おうとしたら、何度ボタンを押しても出てこない。売り切れランプは点灯していないのに。

というわけで、タレは次回……として、タレがないと困るじゃん!と一瞬思ったのですが、車中泊用にいつもタレ(ベルとソラチのブレンド)を持ち歩いているのでした。

小樽、積丹をドライブしたあと、積丹の野塚キャンプ場でデイキャンプ。夏休み前の平日なのでガラガラでした。

青空の下のジンギスカンは最高ですね。

この夏は何度楽しめるかな。

またコロナが再拡大している昨今。家族で野外ジンギスカンがいいですね。

 

 

 

ジンギスカン店 宅ジン 情報 羊肉

あづま成吉思汗本舗のジンギスカン

厚真町はあつまですが、ジンギスカンはあづまだってことは、ご存知ですよね。

胆振東部地震の際に、当地が被災とき、応援しようとジンギスカンファンは肉を買ったものですが、最近はちょっとご無沙汰だったりしてますね。

わたしもそうだったので、市民プラザで売っているのを見つけて、即買いです!

 

火を使うと暑い季節なので、鍋は使わずホットプレートで。

美味しゅうございました。

おまけ…………………一緒に買ったラム餃子、めっちゃ美味しかった! 羊好きにはたまらない餃子です。

弁当

ドライブや車中泊にはホットシェフ

いい季節を迎えた北海道。ドライブやキャンプの季節です。車中泊もいいですね。

そんなとき、景色のいい場所でお弁当が食べたいと思っていたのですが、やっぱりなんといってもジンギスカン!というわけで、セイコーマートのジンギスカン弁当を食べました。

北海道民でよかったー!

セイコーマートありがとう!

 

というわけで、幸せなランチになりました。

 

 

たれ 宅ジン

ソラチ製造 もへじのジンギスカンのたれを試しました

道の駅マオイの丘公園で仕入れたのは、世田谷生まれのグルコサミン!………ではなく、世田谷生まれのジンギスカンのタレです。

製造元はソラチの芦別工場。道外のたれは、違うんだよなあと思う経験があるけれど、ソラチなら間違いない!というわけで安心して試し喰いです。

定番の二種類と食べ比べ。

うーん。これはわたし好みかも!?

ちょっとスパイスが効いていて、お酒が進みます。

ベルとソラチのブレンド派ですが、これは東洋肉店のタレと一緒で単独でいけますね。

 

みなさま、お試しを!

 

宅ジン 情報

フッ素加工のジンギスカン鍋ゲット!

野外ジンギスカンが楽しい季節になってきましたね。とはいえ、外に重くて洗いにくい鍋を持ち出すのは面倒。

というわけで、深い対応のフッ素でツルツルしたアルミ合金の鍋を導入することにしました。

パール金属の鍋で2000円弱で買えました。

空焼きをするとせっかくの加工が取れやすくなってしまうので、軽く油を敷いてから、牛脂を載せてすぐに野菜や肉をのせます。

傾斜部分は滑るのでアスパラガスが逃げますw  なので、もやしでガードしながらです。

焼いたのは松尾ジンギスカンの特製ラム。マトン好きなのですが、これも美味しいです。

というわけで、室内で試してバッチリなので、この夏は外で楽しみたいと思います!